今年一年

いつの間にやら、大晦日。
「みそか」とは、月の最終日という意味で、十二月最後の晦日を大晦日といったことから来ているんですね。
今年も無事に童謡コーラスの活動を終え、来年へとつなぐことができます。
これも一重に皆さまの支えあってのこと。
今年一年お世話になりましたことを、この場をお借りして、謹んで感謝申し上げます。
来年も元気にお会いしましょう。
では、良いお年を!
童謡コーラス事務局 K

大晦日

何年か前の大晦日、秋田から帰って来るとき飛行機から見えた富士山の写真です。
一富士、二鷹…と言われますが、元旦に向けて大変縁起のいい一景でした。
本日は大晦日。皆様はどうお過ごしになりますか。

☆あと☆

すこしで今年も終わり☆
童謡コーラスのみなさんはいかがお過ごしでしょうか?☆
よいお年をおむかえくださいね☆
指導員
♪いこまなおか♪

拝啓 モーツァルト様

「そこの変化もっと聴きたくない??」
「ここはどう感じてるの?」
「私はここに山をもってきたい!」
「なんか音が混じらない。。聴こえない。。。」
侃々諤々の議論を重ねながら、連日取り組んでおりますのは、
【のだめカンタービレ】で一躍有名になりました
モーツァルトのあの曲。。。♪
新年1月6日の?ニューイヤーコンサート?にて、
生駒先生と二台のピアノで演奏させて戴く予定です。
テンポ感も、音質も、音楽性も、キャラクターの全く違う二人でのデュオ?
初めは二人で同時に弾いてはいても、
相手そっちのけでそれぞれ自分のすきなように鳴らすだけ…
表面的なつまらない演奏にしかならず
どうすればモーツァルトの美しさに近づくのか
悪戦苦闘、
四苦八苦、
七転八倒、の日々。。
これは言い過ぎかしらん・・・
でもほんと難しいのです、、
最近やっと「なんか楽しくなってきた。。」と思えるようになりました。
相手が感じている音楽に共感でき、共鳴し、
自分も一緒に音楽を作り上げていける、というのは
とても幸せな時間です!
まさにこれぞデュオの醍醐味◇
コンサートでは会場のみなさまに、我々の感じる音楽を、
モーツァルトの音楽への感動をお伝えできるように精一杯演奏したいと思います!
そして、『最も純粋に音楽を書いた』と言われる
天才モーツァルトの‘ 芸術 ’・‘ 魂 ’のかけらでもお届けすることができれば望外の喜びです、、
さて。。。年末も年始も精進、精進。。
童謡コーラス指導員 おさや 拝